日本の登山スポットの登る以外で楽しめること

日本の登山スポットの登る以外で楽しめること

熊野古道は

このエントリーをはてなブックマークに追加

51歳 : 女性の話
熊野古道は、2004年に「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコの世界遺産に登録されました。
それ以来、熊野古道を歩く方が増えています。石畳の登山道がある馬越峠を始め、始神峠、八鬼山と、どれも紀伊半島でも標高の高い山々です。
以前から登山スポットとして人気がありましたが、世界遺産になってから観光バスで訪れる方もいます。
標高的にはそれほど高くはありませんから、登山が初めての初心者の方でも気軽に登ることができるでしょう。山頂からは、遥かかなたまで太平洋の海原を望むことができます。
いにしえの道を登るだけでなく、ここでは山海の美味を食べる楽しみもあります。江戸時代にはそれぞれの道に峠の茶屋がありました。
ところは変わりましたが、今でも郷土料理を楽しむことができる茶屋があります。沖ぎすやガスエビ、アオサなど、地元で獲れた食材で作られた弁当は、遠くから見えられた方にも好評です。
峠道を登った後は郷土の食材を楽しんでください。

Copyright (C)2017日本の登山スポットの登る以外で楽しめること.All rights reserved.